DGI-RTS-F

現在富士山ネットワークではDGI-RTS-F(富士山噴火災害を想定した災害時情報共有ネットワーク)を用いた計画を進めております.

● DGI-RTS-Fの概要・・・GIS(地理情報システム)ネットワーク/システムの紹介。

● DGI-RTS-Fの操作説明・・・登録ユーザが情報を登録する方法。


DGI-RTS-Fの初期画面 DGI-RTS-Fの左図に過去2000年間の溶岩流分布を示した画面
上図は,過去2000年間の降灰分布図です.白い線は,1707年宝永噴火の火山灰(スコリア)などの厚さの分布を示しています。カメラマークは富士山監視ネットワークの監視カメラの位置を示します. 地図上に火山噴火現象や、立ち入り禁止範囲など情報を登録することで災害時の監視ネットワークを構築することを目的としています。

参考:
  富士山監視ネットワークで監視カメラ画像を見る。・・・監視カメラから送られてきた富士山の映像がご覧になれます。

  富士山地域の地質図・・・過去10万年間の噴出物の分布および,より古い火山噴出物の分布を示したもの

※現在このページは作成中です.DGI-RTS-F自体の公開はまだしておりませんのでご了承下さい.準備の整った状態になり次第公開させていただきます.

画像をクリックすると大きく表示されます.
無断転載・転用を禁止します