2005年8月より「ある火山学者のひとりごと」は、arukazan.jpに移動しました
ある火山学者のひとりごと


オーナー:Tatsuro CHIBA
[過去ファイルのページへ][guestbook]

火山噴火・火山災害・地震災害・土砂災害のことなど、地球科学に関することなら何でも気軽に、書き込んでください。タグも使えます*。普段からいろいろ議論していて、緊急の場合には情報連絡板として利用してください。いったん書き込んだ後でも編集可能です。削除は本人と管理者が行うことができます。個人攻撃やデマや思い込み、不適切な発言はレスごと削除することがあります。掲示板上の発言は500まで表示されます。それを超える分については、アーカイバにすべて保存されており、過去ファイルのページで、いつでも参照が可能です。なお、あらしやロボット書き込み等防止のために、発言者のIPアドレスとブラウザ情報の取得を行っております。(アクセスカウンターは2005年8月1日より)。ロボットコメント阻止のために、画像認証を導入しました。
LINK TO[火山のページ][地球科学科][レーダー雨量][気象庁][ちばのアンテナ][Web魚拓] [ある火山学者のひとりごと研究]*)危険なタグは使用できません。ロボットコメントスパム対策のため、全角文字を含まない投稿はできません。管理上の理由で投稿や修正ができないことがあります。
[浅間最新カメラ画像一覧][桜島監視カメラ][google scholar][GEOLIS][画像投稿用(予備)]
  Page50 / 50  Top | Bottom 
   981〜999件(保存数999件) 
[HomePage]  ▼ 投稿する ▼ 編集する ▼ 管理用 


18258. 2012年08月28日 07時13分41秒  投稿:ちば 
 [http://paspro.com/bousai/kazan/_arukazan/bbs/?file_id=MV8wMDAzOTE%3D&name=shibuya-hukin.png]
3DCADデータのような地形情報を整備した方がいいなあ
DEMではなく ポリゴン

18257. 2012年08月28日 07時11分43秒  投稿:ちば 
 [http://paspro.com/bousai/kazan/_arukazan/bbs/?file_id=MV8wMDAzOTE%3D&name=shibuya-hukin.png]
TBS夢の扉+ 向けに作成した
赤色立体地図 渋谷付近
国土地理院の基盤地図情報5m標高より作成
2mに内挿補間してみました

道路はgoogle earthを乗せています

18256. 2012年08月27日 07時50分47秒  投稿:もくせい 
TBS夢の扉+ 拝見しました。
取材お疲れ様でした。
長時間インタビューした挙句、放送されるのはごく一部ですからね。

富士山麓の青木々原樹海、機会があれば是非とも行ってみたいと思いました。

18255. 2012年08月27日 06時39分25秒  投稿:ちば 
 [http://astore.amazon.co.jp/arukazanjp-22/detail/4774147850]
TBS夢の扉+ 放送が終わりました

短期間の取材で、よくわかりやすくまとめていたと思います

普段、会社の仕事はどうしているんだろうと
心配になる感じでしたが、やはりいまだに
要領わるいですね

Aをしなさいという仕事に、ささっとAでやって帰る
ということではなく 頼まれてもいないのに、
Bでやってみるとか 改良してCを検討するとか
言ってみれば余計なことをする癖があるわけです

その中から赤色立体地図が生まれてきたので
まあ、いいのでしょうが

運動不足にはなる

18254. 2012年08月26日 09時20分25秒  投稿:ちば 
 [http://www.youtube.com/watch?v=mof86RpU-hM&feature=youtube_gdata]
TBS夢の扉+

いよいよ 放送日になりました

なんか 落ち着きません

18253. 2012年08月23日 20時02分30秒  投稿:ちば 
 [http://www.youtube.com/embed/mof86RpU-hM]
夢の扉+ 予告編の動画 youtube版です

18252. 2012年08月21日 09時34分24秒  投稿:ちば 
 [http://www.tbs.co.jp/yumetobi-plus/index-j.html]
『地球の凸凹を表現する最新技術を防災に役立て、人々の暮らしを守りたい』
“いつ噴火してもおかしくない”。
そう指摘されているのが、毎年、登山客で賑わう富士山。
その噴火の危険性を知るため、地殻変動の痕跡など富士山麓の樹海調査に取り組むのが、
“空間調査・計測のプロ”、アジア航測の千葉達朗、55歳。
千葉は、航空レーザー計測で得られたデータを、
1枚の地図上に3次元的に見せる新たな地形表現方法『赤色立体地図』を開発。
従来の航空写真では、森林にしか見えない富士山麓の樹海も、この『赤色立体地図』により、
樹木に覆われた地形が立体的に可視化され、
これまで誰も発見できなかった小さな火口が確認された。
また、溶岩の流れも解明された。
富士山麓の調査を依頼された12年前、当時使われていた主流は、等高線地図だった。
だがそれでは、山なのか谷なのか、地形を判断しにくい。
そこで、全く新しい地図の製作を決意した千葉だったが、試行錯誤するも、
はっきりとした凸凹の表現が大きな壁となった。そのときヒントとなったのが、
子どもの頃の記憶。そして辿り着いたのが、
それまで地図業界では“タブー”とされていた『赤色』だった。“赤”には、人間の視覚のフシギが・・・。
『この地図が防災計画の未来に大きな意味を持つ―』 
そう確信する千葉の技術に、日本中が注目。
三原山の噴火に悩む伊豆大島には立体模型地図が設置され、
溶岩の流れの予想を可能にした。また、活断層やプレートも丸裸にし、
地震予知にも応用された。さらに、『赤色立体地図』は、なんと古墳の調査にも寄与することとなる。
そんな千葉の新たな挑戦の地は、
東日本大震災で大きな被害を受けた地元・宮城県石巻。
赤色立体地図を作り、震災前後で故郷がどのように変化したかの解析に挑む。
『故郷をもう二度と同じ被害に遭わせない』 自然災害の危険を予測し、
人々の安全を守りたいと奮闘する千葉の挑戦を追った。

18251. 2012年08月19日 23時06分16秒  投稿:みき 
 [http://www.tbs.co.jp/yumetobi-plus/index-j.html]
18250 関連

TBS 夢の扉+ サイトの予告編がアップされたようです。

18250. 2012年08月19日 18時53分30秒  投稿:みき 
 [http://tv.yahoo.co.jp/program/59994218/]
このBBSの管理人の千葉さんが、来週この番組に出演します。

夢の扉+ 2012年8月26日(日) 18時30分〜19時00分
↑のURLはyahoo 番組表掲載の予告文です

18248. 2012年08月11日 17時56分37秒  投稿:ちば 

ご闘病中の
奈良女子大学の相馬秀廣先生が
11日早朝、胆嚢癌でご逝去されました。
謹んでご冥福をお祈りいたします

18247. 2012年08月09日 21時15分50秒  投稿:ちば 
 [http://net.jmc.or.jp/digital_data_map_sangaku.html]
よく質問を受けるので

赤色立体地図と1/2.5万地形図を重ね合わせた

スカイビュースケープ「山っぷ」(山岳立体地図画像) ここで買えます


18246. 2012年08月05日 16時18分21秒  投稿:ちば 

石巻田町の津波被害と復旧

わたしは5歳までこのすぐそばで育ちました。ここは、遊び場でした。
 1960年のチリ地震津波では、このあたりも水が上がり、
私の家も床下浸水の被害を受けました。
 貞観津波の堆積物が石巻でも見つかった
という発表を第四紀学会で聞いて(2007年)以来、
急に心配になり、石巻に帰るごとに、時々田町(現在の八幡町)に
来てみていたのですが
風景は 幼い頃の記憶のままで変わらず、
懐かしさでいっぱいでした。

津波が来たらひとたまりもないよなと
シャッターを押しました。
それは、3.11のわずか半年前のことでした。

大津波のような、低確率の大規模災害は
発生頻度は低いとはいえ、いつかはかならずやってくる
それは、ほんとうに 明日かもしれない、ということを
思い知らされたのです。

サムネイル備考
地震発生前の様子

旧北上川沿いに堤防はなく、転落防止用のガードレールが設置されています。

2010年秋撮影

地震発生後の様子

津波で川沿いの道路の路盤も流されている

2011年4月3日撮影

満潮のたびに浸水するようになったので、緊急的に大型土嚢を設置して浸水を防いでいる

2011年6月13日撮影

仮設の堤防が完成し、排水ポンプも設置された。津波被害建物はほぼ撤去された

2012年1月1日撮影

すべての写真の著作権は 千葉達朗に属します


18245. 2012年07月29日 07時05分37秒  投稿:たーさん 
ほんとに日本全国の火山が同時刻に異常になれば、もう日本沈没は近いですね。

富士山の噴火も気になりますが、やはり北朝鮮の白頭山、米国のイエローストンなどが噴火したら、地球規模で大変なことになりますから、火山活動には注目してます。



18244. 2012年07月28日 15時17分17秒  投稿:ちば 
 [http://www.best-worst.net/news_aaWIBLTdFq.html]
この間の防災科研の
波形異常の記事がありました

18243. 2012年07月27日 20時45分20秒  投稿:ちば 
 [http://www.ustream.tv/channel/mtfujilivecam1]
石巻市八幡町、東内海橋東詰を上流側から望む。


2010年秋の撮影。

川岸は江戸時代からの伝統的な石積み護岸のまま。
変わったのは車の転落防止用のガードレール位か。

 5歳まで、ここのすぐ近くで育った。
わたしのおしめはこの辺で洗ったらしい。
1960年のチリ地震津波の時は、床下浸水程度。

 この写真は、たまたま仙台まで出張で来て、
貞観津波の再来のイメージが頭から離れず
このあたりのことがどうしても気になって見に来た。
「やはり、1960年当時とほとんど変わっていない。
無堤のままだ。津波が来たら危ないなあ」と思って、
係留してあるボートから撮影した。

18242. 2012年07月25日 01時10分53秒  投稿:ちば 
まりもさん>
 うーん、そのようですね

18241. 2012年07月24日 22時37分38秒  投稿:まりも 
ちばさん

何らかの理由ですべての地点で長時間に亘ってノイズが入ることなんてあるのでしょうか?
データーがアナログ伝送で終端近くでノイズが一様に入るなら理解できるのですが、
デジタル伝送であればそんなことはないでしょうし・・・。

謎は深まるばかりです。

18240. 2012年07月24日 10時39分09秒  投稿:ちば 
 [http://www.ustream.tv/channel/mtfujilivecam1]
富士山の登山道のライブカメラがありました
これは8合目

18239. 2012年07月24日 10時17分32秒  投稿:ちば 
 [http://vivaweb2.bosai.go.jp/viva/v_attention.html]
まりもさん>
 何らかの理由でノイズが入って
修正したということのようですね

 即時性、透明性、正確さ 運用 なかなか 大変だと思います

以下はありません。
   981〜999件(保存数999件)