ある火山学者のひとりごと


▼ 掲示板 ▼ 投稿する ▼ 編集する ▼ 管理用 


おなまえ *
Eメール
 
編集用パス *
URL
コメント *
 
ここに表示されている平仮名6文字を、右の欄に入力してください。
画像認証コード *
* は必須項目  
     
  • 最新発言を (表示ボタンを押すと下の入力欄が一旦クリアされます。)
<最新10発言>
19959. 2020年10月16日 04時34分53秒  投稿:ちば 
日本火山学会の秋季大会が無事に終了した。

新型コロナの影響で、予定していた名古屋大学の
構内に入れそうになく、ぎりぎりでweb方式に
方針を変更したのだ。

結果的に大成功だったので、そのノウハウを
五月雨式にでも
火山学会方式ということで 記録しておこうと思う。


19957. 2020年08月08日 01時10分40秒  投稿:ちば 
シベリア 永久凍土が溶けたのかなあ それともクレーター?

地理院地図へのリンク


孔雀の羽に似せたもの

19956. 2020年08月03日 19時47分36秒  投稿:ちば 
地理院地図高度段彩図のいろいろ

(1) モワレ方式D(平野の微地形強調)千葉作成 20200728D

19955. 2020年07月11日 15時27分58秒  投稿:おやまだ 
 [http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/himawari-3g/region.html.ja]
ひまわり8号の機動観測域(2.5分ごとに撮影)が、西之島付近になっています。
今日の画像をみると結構噴煙が上がっています。

大爆発して島が吹き飛んでしまうことはないかとは思いますが、注目する価値はありますね。

19953. 2020年06月03日 09時57分23秒  投稿:ちば 
日本とコロナウイルスとの闘い

感染確定の時系列グラフを正規分布で説明できそうです

ただし 3/19-4/10は 指数関数的にのびている

19952. 2020年05月28日 16時20分29秒  投稿:ちば 
新型コロナウイルスとの闘い

ようやく 一段落である

医学が進歩したとはいえ、
新しいウイルスにはすぐに対応できず
とった戦法は、ソーシャルディスタンス
大正時代とそう変わらない。

これからが正念場
社会の仕組みを変えるチャンスと
前向きにとらえていくべきなのだろう


19950. 2020年02月19日 09時09分52秒  投稿:ちば 
人類とウィルス

新型コロナウィルスの拡大がおさまらない。
暖かくなると、インフルエンザはおさまるものだが
そうでもないのらしい。
感染しても発症していない人を隔離することは
検査を毎日のようにしなければ不可能だから
理論的には避けようがない。
やがては、ほぼ全員にかかり、
弱いものは淘汰され、次の世代は
これに打ち勝てる人類になるのかもしれない。
やがてはかかるものならば、体力のある
若いうちにかかって、重篤化をさけ、早々に
免疫を獲得したほうがいいのかもしれない。
増えすぎた人間を減らそうとする自然の摂理かも

変形菌ならば、子実体を作って胞子を飛ばし、
分散して生存をはかるステージだろう。
都市を捨てて、山に入る時が来たのか。

19949. 2019年12月20日 10時24分11秒  投稿:ちば 
 [http://kimsajik.com/]
金サジ個展の案内です

19948. 2019年12月05日 13時12分16秒  投稿:ちば 
 [http://committees.jsce.or.jp/jiban/node/55]
12月20日に、火山工学をテーマにしたセミナーを行います。
土木学会、地盤工学会、日本火山学会の会員は参加費が割引になり、2000円になります。
非会員でも、参加費は3000円です。学生は無料です。


時: 2019年12月20日(金) 13:00〜17:00
場所:(公社)地盤工学会(東京都文京区千石4丁目38番2号)
   ■ 注意■会場は土木学会ではありません
定員: 120名
参加費: 主催・後援学会会員2,000円,その他3,000円,学生:無料
CPD: 3.9単位(土木学会継続教育プログラム認定)
申込み方法: 本文末尾をご参照下さい。
申込み期限: 2019年12月13日(金) ただし,定員になりしだい受付を締め切ります。
問合せ先: 土木学会地盤工学委員会 事務局担当:工藤
E-mail:kudo@jsce.or.jp / TEL:03-3355-3559

  テーマは「突然の噴火に対して火山工学は何ができるか」

御嶽山の火山噴火から5年が経過し、いろいろなことがわかってきました。全国の活火山でも、突然の噴火に対する対策が、進んできました。「火山工学」という視点で、土木・建築・火山・防災の最先端の研究者の話を聞く機会を設けましたので、ぜひふるってご参加ください。

プログラム

1.開会挨拶(13:00〜13:15)
            桑野 玲子(土木学会地盤工学委員会委員長・東京大学)
            千葉 達朗(火山工学小委員会小委員長・アジア航測(株))【修正部分】
2.「御嶽山の突発的な噴火と被害」(13:15〜13:45)
            及川輝樹(産業技術総合研究所 地質調査総合センター)
3. 「本白根火山噴火によるロープウエイ被害」(13:45〜14:15)
             吉本充宏(山梨県富士山科学研究所 火山防災研究部)
4. 「阿蘇山噴火による火口周辺建物の被害調査」(14:15〜14:45)
             曽根孝行((株)竹中工務店 技術研究所)
〜〜〜 休憩(14:45〜14:55) 〜〜〜
5.「国内の噴石シェルターの種類と整備状況」(14:55〜15:25)
             佐々木寿(アジア航測(株)火山防災課)
6.「シェルターの強度に関する衝突実験」(15:25〜15:55)
山田浩之(防衛大学校システム工学群機械工学科)
7.「大雪後の降雨による大スパン構造物の崩壊」(15:55〜16:25)
高橋徹(千葉大学工学部建築学科)
8.「首都圏の大規模噴火による火山灰被害想定」(16:25〜16:55)
藤井敏嗣(山梨県富士山科学研究所)
9.閉会挨拶(16:55〜17:00) 岡村 未対(土木学会地盤工学委員会副委員長・愛媛大学)

司会: 千葉 達朗(火山工学小委員会小委員長・アジア航測(株))
進行補助: 石井 裕泰(地盤工学委員会幹事長・大成建設(株))

申込方法:
学会誌綴込みもしくは土木学会ホームページ内
( http://www.jsce.or.jp/event/active/form.pdf )の
「本部参加申込書」に所定の事項(特に行事コード番号)を明記のうえ,
研究事業課行事担当宛にFAX(03-3355-5278)でお申し込み下さい。
申込到着後,開催日1週間前までに折返し「参加券」をお送りいたします。
土木学会個人会員の方は土木学会ホームページ
( http://www.jsce.or.jp/event/active/information.asp )
から申し込みが出来ます。

19947. 2019年11月23日 18時39分22秒  投稿:ちば 
 [https://www.youtube.com/watch?v=CJWfneKdv08]
Mr.Tさん>

ヒストグラムをみると
6角形だけが多いわけではないのが
よくわかりますね

柱状節理の実験を
コーンスターチや片栗粉で
やると、なかなか感動的ですが
それをCTスキャナーで解析した動画があります
これの辺の数の分布が深さ方向でどう変化するのか
おもしろそうですね