2005年8月より「ある火山学者のひとりごと」は、arukazan.jpに移動しました
ある火山学者のひとりごと


オーナー:Tatsuro CHIBA
[過去ファイルのページへ][guestbook]

火山噴火・火山災害・地震災害・土砂災害のことなど、地球科学に関することなら何でも気軽に、書き込んでください。タグも使えます*。普段からいろいろ議論していて、緊急の場合には情報連絡板として利用してください。いったん書き込んだ後でも編集可能です。削除は本人と管理者が行うことができます。個人攻撃やデマや思い込み、不適切な発言はレスごと削除することがあります。掲示板上の発言は500まで表示されます。それを超える分については、アーカイバにすべて保存されており、過去ファイルのページで、いつでも参照が可能です。なお、あらしやロボット書き込み等防止のために、発言者のIPアドレスとブラウザ情報の取得を行っております。(アクセスカウンターは2005年8月1日より)。ロボットコメント阻止のために、画像認証を導入しました。
LINK TO[火山のページ][地球科学科][レーダー雨量][気象庁][ちばのアンテナ][Web魚拓] [ある火山学者のひとりごと研究]*)危険なタグは使用できません。ロボットコメントスパム対策のため、全角文字を含まない投稿はできません。管理上の理由で投稿や修正ができないことがあります。
[浅間最新カメラ画像一覧][桜島監視カメラ][google scholar][GEOLIS][画像投稿用(予備)]
  Page1 / 50  Top | Bottom 
  1〜20件(保存数999件) 
[HomePage]  ▼ 投稿する ▼ 編集する ▼ 管理用 


19977. 2021年05月21日 14時55分18秒  投稿:ちば 
 [https://paspro.com/bousai/kazan/_arukazan/bbs/?file_id=MV8wMDA2Nzk%3D&name=%83X%83N%83%8A%81%5B%83%93%83V%83%87%83b%83g+2021-05-21+141445.png]

新型コロナウイルスの陽性になった場合に死亡した人の割合と年齢の関係

19974. 2021年05月04日 09時34分53秒  投稿:ちば 
新型コロナウイルスは、これまでのウイルスとおなじように
人類に急速な進化をもたらしたのかもしれない。
今回は、リモートワークの急速な普及もそのひとつだろう。

19973. 2021年04月03日 23時00分59秒  投稿:ちば 
新型コロナウイルス第4波のはじまりか

19972. 2021年02月26日 08時58分50秒  投稿:ちば 
 [https://photos.app.goo.gl/gQAqU3xEJCwFURHy9]
新型コロナウイルス

2/23日までの 都道府県別の状況

東京都の例

19970. 2021年01月21日 05時44分05秒  投稿:ちば 
和田さん>

メールもしましたが、画像はどうぞお使いください。
撮影は1980年だったと思います。
千葉達朗撮影と明記してもらえればよいです。

19969. 2021年01月21日 05時42分23秒  投稿:ちば 
 [https://jp.reuters.com/video/watch/idOWjpvC510FOPXQ4AI251UYU7UYPVYPA]
Mr.Tさん>

昨年の12月20日に、ハワイのキラウエアが噴火を再開したのは知っていましたが
こんなに素晴らしい動画があったんですね
ありがとうございます。これは凄い。

19968. 2021年01月19日 17時54分09秒  投稿:Mr.T 
ちば様
ハワイ島キラウエア火山の最新映像が公開されています.
かなり迫力があります.
サイトのURLです.
https://jp.reuters.com/video/watch/idOWjpvC510FOPXQ4AI251UYU7UYPVYPA


19967. 2021年01月18日 10時34分32秒  投稿:和田教義 
はじめまして。
神奈川県秦野市にあるくずはの家で地質・岩石関連の観察会を行っているグループの一員で和田と申します。
千葉先生の撮影された秦野断層の写真をこのサイト(以前のサイト)で拝見しました。

もし許可をいただければ今後の観察会や展示会で使わせていただきたく思っています。
くずはの家に秦野断層の模式図(イラスト)があるのですがそれと重ね合わせる作業もしてみたいと思っています。

秦野断層の写真の使用許可をいただけますでしょうか?
よろしくお願いします。

19966. 2021年01月14日 14時20分40秒  投稿:ちば 
これでどうかな

+ =

19961. 2020年12月16日 08時24分46秒  投稿:ちば 
 [https://readyfor.jp/projects/meet-kadonowaki311fsa?utm_source=pj_share_twitter&utm_medium=social]
おかげさまで成立しました

震災10年の石巻。
私の母校である、門脇小学校(かどのわき)は火事で焼けてしまいましたが、
近くに建設される国営の祈念施設との間に、計画されている施設への応援への呼びかけです。

伝承と交流の場「MEET門脇」の建築に参加しようは、あと9日で、約310人からの協力がないと支援が届きません。ひとりでも多くの方に広めてください! #クラウドファンディング #READYFOR https://readyfor.jp/projects/meet-kadonowaki311fsa?utm_source=pj_share_twitter&utm_medium=social @READYFOR_cfより

19960. 2020年11月10日 08時43分59秒  投稿:ちば 
2005年の朝日新聞のスクラップが出てきた。
この掲示板のことが、書かれている。
もう、15年前だ。


19959. 2020年10月16日 04時34分53秒  投稿:ちば 
日本火山学会の秋季大会が無事に終了した。

新型コロナの影響で、予定していた名古屋大学の
構内に入れそうになく、ぎりぎりでweb方式に
方針を変更したのだ。

結果的に大成功だったので、そのノウハウを
五月雨式にでも
火山学会方式ということで 記録しておこうと思う。


19957. 2020年08月08日 01時10分40秒  投稿:ちば 
シベリア 永久凍土が溶けたのかなあ それともクレーター?

地理院地図へのリンク


孔雀の羽に似せたもの

19956. 2020年08月03日 19時47分36秒  投稿:ちば 
地理院地図高度段彩図のいろいろ

(1) モワレ方式D(平野の微地形強調)千葉作成 20200728D

19955. 2020年07月11日 15時27分58秒  投稿:おやまだ 
 [http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/himawari-3g/region.html.ja]
ひまわり8号の機動観測域(2.5分ごとに撮影)が、西之島付近になっています。
今日の画像をみると結構噴煙が上がっています。

大爆発して島が吹き飛んでしまうことはないかとは思いますが、注目する価値はありますね。

19953. 2020年06月03日 09時57分23秒  投稿:ちば 
日本とコロナウイルスとの闘い

感染確定の時系列グラフを正規分布で説明できそうです

ただし 3/19-4/10は 指数関数的にのびている

19952. 2020年05月28日 16時20分29秒  投稿:ちば 
新型コロナウイルスとの闘い

ようやく 一段落である

医学が進歩したとはいえ、
新しいウイルスにはすぐに対応できず
とった戦法は、ソーシャルディスタンス
大正時代とそう変わらない。

これからが正念場
社会の仕組みを変えるチャンスと
前向きにとらえていくべきなのだろう


19950. 2020年02月19日 09時09分52秒  投稿:ちば 
人類とウィルス

新型コロナウィルスの拡大がおさまらない。
暖かくなると、インフルエンザはおさまるものだが
そうでもないのらしい。
感染しても発症していない人を隔離することは
検査を毎日のようにしなければ不可能だから
理論的には避けようがない。
やがては、ほぼ全員にかかり、
弱いものは淘汰され、次の世代は
これに打ち勝てる人類になるのかもしれない。
やがてはかかるものならば、体力のある
若いうちにかかって、重篤化をさけ、早々に
免疫を獲得したほうがいいのかもしれない。
増えすぎた人間を減らそうとする自然の摂理かも

変形菌ならば、子実体を作って胞子を飛ばし、
分散して生存をはかるステージだろう。
都市を捨てて、山に入る時が来たのか。

19949. 2019年12月20日 10時24分11秒  投稿:ちば 
 [http://kimsajik.com/]
金サジ個展の案内です

19948. 2019年12月05日 13時12分16秒  投稿:ちば 
 [http://committees.jsce.or.jp/jiban/node/55]
12月20日に、火山工学をテーマにしたセミナーを行います。
土木学会、地盤工学会、日本火山学会の会員は参加費が割引になり、2000円になります。
非会員でも、参加費は3000円です。学生は無料です。


時: 2019年12月20日(金) 13:00〜17:00
場所:(公社)地盤工学会(東京都文京区千石4丁目38番2号)
   ■ 注意■会場は土木学会ではありません
定員: 120名
参加費: 主催・後援学会会員2,000円,その他3,000円,学生:無料
CPD: 3.9単位(土木学会継続教育プログラム認定)
申込み方法: 本文末尾をご参照下さい。
申込み期限: 2019年12月13日(金) ただし,定員になりしだい受付を締め切ります。
問合せ先: 土木学会地盤工学委員会 事務局担当:工藤
E-mail:kudo@jsce.or.jp / TEL:03-3355-3559

  テーマは「突然の噴火に対して火山工学は何ができるか」

御嶽山の火山噴火から5年が経過し、いろいろなことがわかってきました。全国の活火山でも、突然の噴火に対する対策が、進んできました。「火山工学」という視点で、土木・建築・火山・防災の最先端の研究者の話を聞く機会を設けましたので、ぜひふるってご参加ください。

プログラム

1.開会挨拶(13:00〜13:15)
            桑野 玲子(土木学会地盤工学委員会委員長・東京大学)
            千葉 達朗(火山工学小委員会小委員長・アジア航測(株))【修正部分】
2.「御嶽山の突発的な噴火と被害」(13:15〜13:45)
            及川輝樹(産業技術総合研究所 地質調査総合センター)
3. 「本白根火山噴火によるロープウエイ被害」(13:45〜14:15)
             吉本充宏(山梨県富士山科学研究所 火山防災研究部)
4. 「阿蘇山噴火による火口周辺建物の被害調査」(14:15〜14:45)
             曽根孝行((株)竹中工務店 技術研究所)
〜〜〜 休憩(14:45〜14:55) 〜〜〜
5.「国内の噴石シェルターの種類と整備状況」(14:55〜15:25)
             佐々木寿(アジア航測(株)火山防災課)
6.「シェルターの強度に関する衝突実験」(15:25〜15:55)
山田浩之(防衛大学校システム工学群機械工学科)
7.「大雪後の降雨による大スパン構造物の崩壊」(15:55〜16:25)
高橋徹(千葉大学工学部建築学科)
8.「首都圏の大規模噴火による火山灰被害想定」(16:25〜16:55)
藤井敏嗣(山梨県富士山科学研究所)
9.閉会挨拶(16:55〜17:00) 岡村 未対(土木学会地盤工学委員会副委員長・愛媛大学)

司会: 千葉 達朗(火山工学小委員会小委員長・アジア航測(株))
進行補助: 石井 裕泰(地盤工学委員会幹事長・大成建設(株))

申込方法:
学会誌綴込みもしくは土木学会ホームページ内
( http://www.jsce.or.jp/event/active/form.pdf )の
「本部参加申込書」に所定の事項(特に行事コード番号)を明記のうえ,
研究事業課行事担当宛にFAX(03-3355-5278)でお申し込み下さい。
申込到着後,開催日1週間前までに折返し「参加券」をお送りいたします。
土木学会個人会員の方は土木学会ホームページ
( http://www.jsce.or.jp/event/active/information.asp )
から申し込みが出来ます。

  1〜20件(保存数999件)